ミリPの日記的な何か

散文です。どうやら日記を推敲するのは嫌いらしいので殴り書き。

はじめに。

ミリオン4周年ウィークが過ぎて4thライブまであと4日という中途半端な時期にブログを開設してしまいました。

今までミリオンライブについて思ったことはtwitterや他のブログサービスに殴り書きしてきましたが、

・ブログでは他のコンテンツをメインにしているため、興味のない読者が多い
twitterで散発的にネタを発信するのはそれはそれで楽しいけれど、散らかりすぎて深められない
・鍵垢だから閉鎖的で交流が皆無
・今までは上記2つのSNSを併用していたが結果として中途半端

といった具合で、自分の中のミリオン熱をぶつけきれていなかったと感じるようになったのです。以前からそのことは感じていたのですが、電撃マオウで連載されることになった稲山覚也先生のBlooming Cloverを読んでからその気持ちがより強くなりました。「稲山先生に応援メッセージ送りてぇー! よっしゃ、放置してた鍵なしアカウントから投下や! ……うわぁ、先生に伝えたいことがぜんぜんまとまらない。当たり障りないメッセージにしかならねぇぞ……」心のなかでは篝火のように燃え上がっていた作品への賛辞が、いざ言葉にしようとすると蝋燭の火もかくやという無様。

私はミリオンライブというコンテンツに触れてこんなことを感じたんだ。それをぶちまけていきたい。そしてミリオンライブへの理解を深めたい。単に知識を増やしたいのではなくて、違う角度からミリオンライブを見てみたい。昨日までの価値観をぶち壊して新しいミリオンライブ像を作りたい。もっとミリオンライブを楽しみたい。

交流したいとかミリオン仲間がほしいとか、そういう気持ちが皆無とは言いませんが、それが本題ではないですね。もっと言えば他の誰かの視点を借りたい。自分のメガネから眺める景色が世界のすべてだと思いたくない。

今まで真上に投げていたミリオンライブというボールを、他のどこかに全力で放り投げてみたい。もしかしたら何かにぶつかって跳ね返ってくるかもしれない。それがいいものか悪いものなのかは分からないけれど、今までのやり方では自分の頭にぶつかってお終いだったわけで、それ以上に広がりませんでした。

言ってしまえば、物足りなくなった私は変化が欲しくなったのです。

というわけでこのブログはコメントオープンでいきたい…可能な限り。怖い怖い。でもミリオン楽しみたいから多少のリスクは飲みましょうってことで。